はろー☆わーくすバナーキャンペーン応援中! ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ふらんぼわーじゅ
FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorymemo

20091222

trackback0  comment0
「 Happy Holiday !! 」

今回は単数形。
クリスマスまでに更新出来るか分からないので、

ハッピークリスマス!

今年もいつも通り、家族とクリスマス過ごす予定です。
今年は弟が参加できるかは分かりませんが…。

私に浮いた話なんて出ませんよ?w

さて、色々と面白いものを見つけたのでURLをパパっと貼り付けて、

みなさんにクリスマスプレゼント!

ニコニコしていってね☆


第一弾!

幸せのおすそ分け?
九州電力のCM。

http://bbiq-santa.jp/

(少しの間放置すると…サンタ動画が流れますw 
サンタ設定や実際に使われたCMも掲載されていて、ハッピーな気分に慣れること間違いなし!)


第二弾!

URL:http://www.nicovideo.jp/watch/nm9134843



リーチャ氏によるクリスマス東方動画!

リア充も、非リア充も、みんなニコニコしようZE☆

私?

私はたぶん、非リア充の分類にされる人間です。

リア充爆発しろ!w





リーチャさんは私の心の師匠。

マウス絵の上手さがマジ異常。

そして、なによりシナリオの展開の仕方が毎回神がかっている…。

リーチャさんみたいな、心温まる物語を作りたいなぁ…。

しかし、残念ながら、私には中二病発症の上、荒んだ物語や心象状態しか描けないのであった。

どんな話かというと。

ハマった話として。

「終わりのクロニクル」

「DEVILS DEVEL CONCEPT」(←これは18禁ゲーなので、未成年はしないようにw)


前者は電撃文庫から出ている有名な川上さんの本。

ライトノベル読者では、好き嫌いがはっきり分かれるらしいです。

後者は18禁ゲー。エロゲーでう。

とにかく、出てくる人物が全員価値観が狂ってる(ちょーほめ言葉)

そして、狂っていることを登場人物も自覚している辺りがさらに狂っている。(無茶苦茶誉めてます)

そして、その色々破たんしている犯罪者予備群のような価値観を私も持っているという…。(結局は自画自賛?)

あ、主人公が無双です。

エロゲーなので、むやみやたらに女性との関係を持ったりしてます。

だけど、そこにほとんど「愛」はない。

うん、そういうところも似てるw

…。

私の場合は相手が今は居ないけどな!w

…。

将来の可能性も今のところ予定も何もないけどな!


なんでこんなぶっちゃけトークしているんだ私はw

やー、実際、性行為なんて、自己満足とかの世界でしょ?

で、相手も気持ち良くなれば、なおオッケーってなわけで。

結局、自分が一番良ければいいわけですよ。(なにこのケダモノ発想www)

いつから、私はこんな自己中な発想をするようになったのだろう。

しかし、私の行動はいつも奉仕する側という…なんという矛盾を孕んだ人間だろう。

あっはっははっは。

あ、別に奉仕って意味は、別に性的な意味に限ったことではありませんよ?


…。

で、何の話でしたっけ?

あぁ、リア充爆発しろ!ってはな(ry 

違う違う。

リーチャさんのチル姐とヤマメが最高にハイでクールだっていうはな(ry

これも違うなー…w


残り少ない今年一年だけど、みんなニコニコしていってね!



















『余談だよ、余談』

クリスマスだよ。

『クリスマス?』

一発書き。

『一人身の俺には寂しいクルシミマスだなw』

突発。

『サンタクロース?』

特別企画。

『そんなもの幻想に決まってるだろw』

クリスマス一発書き突発特別企画!ノ ベ ル DA ! 





12月24日。

世間はクリスマスイブだそうだ。

一人暮らしをし始めて今年でちょうど10年目。

親元を離れて、帰って誰も居ない部屋にただいまというのも、もう慣れ切ってしまった。

時刻はそろそろAM1:00を回ろうとしている。

彼女なんてものは残念ながら居ない。

強いて言うならば、強がりを言わせてもらうなら仕事が彼女のようなものだ。

もう30歳にもなっていい歳になって、クリスマスを祝う気力もない。

『いい加減、現実を見据えるべきだ。』


外では若い子たちがクリスマスの熱気に当てられて、幸せな日々を過ごしているんだろう。

でも、必ず、熱したものが冷めるように。

夢から醒める時が来るのだ。

時は待ってくれない。

青春を謳歌し損ねた俺にも、青春を謳歌した他所の者、どこ吹く風の他人にも、時は平等に流れる。

『夢を見る時代は終わったのだ。』


「若い」というのはそれだけで特権なのだ。

若いから、という理由だけで許されることがある。

社会的責任を負わない。

まぁ、代わりに親の保護観察下に入っているわけだが。

夢を見ることもまた、そうである。

子供の頃は、ヒーローになるなんて無邪気に信じられた。

大人になるたびに、年を重ねるごとに、理想と現実はかけ離れていく。

サンタクロースも居ると、無邪気に信じられた。

それが今はどうだろう。

もう小学生の上の方になれば、今の子は信じないだろう。

サンタクロースなど幻想なんだと、年齢を重ねれば重ねるほど、それが自然なことになる。

それは悪いことなのだろうか?

『別に悪いことではない。』

そうしたら、大人になっても夢を捨てきれないことも許容されるのだろうか?

『持つだけなら、自由である』

そう。

人間の社会の中に生きる以上、その規範からは逃れられない。

だから、非現実的なことを妄想して、非現実的なことに憧れるより、

目の前のことを淡々をこなすことの方が生産的なのだ。

『「そう、それが…。」』

『正解だ。』

「正解だとずっと思っていた。」


夢見ることが悪いことではない。

夢の果てに散って行った人がいたとする。

その人は不幸だったのだろうか?

その人は幸福だったのだろうか?

それはその人しか分からない。

巨万の富を築いた人がいる。

その人は幸福だったのか?

決して不幸ではないだろう。

でも、不幸でないことが、幸福だとは限らないのだ。

大袈裟かもしれないが、ヒトがヒトとして生きていくにはやはり夢が必要なのだ。

『夢と現実は決して交わらない。』

夢という言葉が嫌なら欲望でもいいだろう。ニュアンスはだいぶ変わってしまうが。

夢は現実にならないかもしれない。

いや、ならない可能性が高いだろう。

努力してもこの世の中ではどうにもならないことが溢れている。

『だったら、そんな夢を持つことは馬鹿げて…』

それでも、俺たちは夢を持ち続けて歩み続けるのだろう。

ライト兄弟が果てなきソラを夢見て試行錯誤を繰り返したように。

エジソンが夢見て発明品を開発に明け暮れたのも。

今の科学の進歩があるのも、誰かが「こうあればいいな」と夢見て努力した結果なのだ。

『それでも夢は裏切る。』

確かに、裏切るかもしれない。

そういう俺だって、夢なんて叶わなかった。

大した夢じゃなかった。

今じゃ、もうそれすら覚えてないが。

『ならば、夢など…』

でも、持たなければ実現すらしないのだ!

始まってすらいないのだ!


それに…。

クリスマスの熱にうなされ幸せを謳歌しているものを、いつか覚めるかもしれない夢を見ているものを。

わざわざ覚(冷)ましてやる必要はないだろう?w

いいじゃないか。

ほれ、俺の脳内も今日だけは屁理屈はお休みだ。

『…。』

一年に一度のハレの日だ。

盛大に行こうじゃないか。

「 Happy Holiday !!」





『結局何一つとして解決も、結論も出てないがな…』

「それでいーんだよw

答えなんぞ、最初からないんだw」

そうやって俺は自分の反論を一笑に付した。

「夢の在りかなんて、人それぞれってことさw」

今年の30歳になってようやく気がついた。

「サンタクロースが居るかもしれない。そう思う三十路の親父が居ても悪くはないだろうw」

そう言って、俺は今年一番の笑い顔を出来た気がする。

『…酒を飲んで阿呆になったか。』

「飲まれてないから大丈夫だってw」

サンタを信じるも信じないも、個人の自由。

それが社会の規範に違反しない限り誰も罰しない。

ならば、楽しいのはどっちだ?

より、ハッピーでいられるのはどっちだ?

『…。』








答えは簡単だろう?w

なぁ、先ほどから余計な口を挟む相棒w











このノベルに後書きなんて、無粋だけど。

サンタクロースは居ると思うんだ。

そう思った方が楽しいじゃない。

『』の方は、主人公の脳内反論。

「」は実際の主人公の独り言。

くらいかな、説明が必要なのは。
 









        
 
http://peridot02.blog107.fc2.com/tb.php/130-fde5bb9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。