はろー☆わーくすバナーキャンペーン応援中! ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ふらんぼわーじゅ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorymemo

20091002

trackback0  comment0
「 記憶がなくなって一番怖いこと 」

結構な頻度で書いてるけど、私は逆行性健忘症です。
ある時点からの過去の記憶がありません。
私が保有している記憶はここ3年程度のもの。

で、その症状で一番怖いのは。
『経験したことを覚えていないこと。』です。
ただ、経験したことを忘れているだけならいいんです。
普通ヒトは気にもしませんが、経験を積み重ねることで小さな或いは大きな自信をつけていきます。
そうして育って成長します。
ですが、記憶を失うということは「その自信」をも失う。
酷いヒトだと、身体にしみこませた経験すら失ってしまう。
私の場合は前者は完全に該当してて、後者は半分くらいですね。

この前者、一体なにが曲者かというと。
自信というのは、物事を成し遂げるうえでの重要なファクターです。
ある程度の自信がなければ、物事をスムーズには運べません。
たとえ、スムーズに運ぶ技能、能力があったとしても、です。
よくテンぱる、不安に陥る、というのがその症状。
で、私はまだ3年。
しかも、日常生活の基本しかリハビリは終わっても居ません。
その状態での自信の積み重ねは、言うほどありません。
ほんの些細なことです。
ちょっと前に友人に言われました。
昔のお前はもっと堂々としていた。
今みたいに卑屈になったり、気弱になるなんてことはなかった。
それは、過去の私が経験から自信を少しずつですが、積み重ねた結果だと思います。
しかし、今の私にはそれがない。
それが一番の不安を掻き立てて、プラス鬱に拍車をかける要素となっている。

少し油断をすれば、悪循環に陥るけど、そうならないように日々を過ごしている。
そんな自分にちょっとでも自信を持てるように、少しずつ自信をつけていきたいと思います。

あ、風邪はまだ治ってません。

今回の話題もつまらなくてすみません、認知療法を兼ねているのでご了承ください。
では、また明日。
 









        
 
http://peridot02.blog107.fc2.com/tb.php/112-2b32e46c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。